So-net無料ブログ作成

【環境問題】トヨタ、BMWと提携交渉 [環境・災害・健康]

トヨタ自動車が独BMWと環境分野で提携交渉を進めていることが分かった。BMWからディーゼルエンジンを調達するほか、トヨタが得意とするハイブリッド車(HV)技術での連携を検討中だ。世界で環境規制が強まる中、開発投資の負担を分担し、環境対応車の充実を図る。

こうなってくると単に「トヨタ」というだけで中味は「BMW」が作っているなんてこともありえるわけだ。
考えてみれば、日産の軽自動車は三菱やスズキからOEMという方法で調達し【日産】の名前で売っている。
もちろん、細かい点は日産色をつけているとは言うがベースは三菱やスズキだ。
スバルやトヨタだってダイハツからの調達だ。

世界的規模でみればどこのメーカーのものだかわからない車は沢山ある。
サーブは一時期フィアットグループと合弁事業でフィアット、ランチア、アフファロメオと兄弟車を開発販売していた。
確かに車の開発には巨額な資金が必要で1社だけでは賄いきれない事態となっている。

ただ、本当にそれが良いのだろうか?
と疑問もある。
実際、今、多くの日本車が北米仕様にあわせるため2.5ℓの上が3.5ℓもしくは3.7ℓになってしまう。
ハッキリ言って日本でそんな巨大な車を必要としている人は少ない。
売れないと言う前に売れる車を作るべきなのではないだろうか。

何にせよだ。
ディーゼルエンジンの開発を止めてしまったことがこのような事態を引き起こしているのだ。
将来を見渡せないということを現しているようなものだ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ