So-net無料ブログ作成
検索選択

消費税増税よりも税制抜本改革を [時事・日常生活]

「消費税を問う 「第三の道」真贋見極めよ」:イザ!
民主党は公約として”消費税増税”を打ち出した。
議論する端緒をということのようだが、結局は増税をしたいということでしかない。

まぁ、国債依存から税金による財政健全化をはかることが大切であることは事実だ。
経済力が有るのだから借金したって大丈夫、なんて思っている人が多いことが不思議なのだが借金はあくまで借金。
税金をキチンと使うことこそ公平公正な社会が築けることになる。

ただ、どうだろうか。
なぜ”消費税増税”なのか。
本来であれば税制抜本改革であるべきではないのか。
直間比率、法人税・所得税・相続税など見直すべきことは沢山ある。
入りだけでなく出の改善も行なうべきだ。

やるべきことは一つではなく総合的な見地から見直さねばならない。
まずは“この国をどう言う国にするのか”だ。
将来の展望も無くただただ”足りないから増税”というような野放図なやり方では消費税のような麻薬に頼るしか無い。

法で決まった無借金体質を目指し、臨時的に不足であれば法で認められた建設国債だけで運営できる身軽で常識的な政策を行なって欲しい。
ちなみに私は増税分は環境対策目的税と地方財源に充てるべきだと考えている。
社会保障費に間接税を主力として充てるのは絶対におかしい。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 2

こう

社会保障費を増やしてしまったから、消費税を充てるということですか?
なんか、振り回されている観が。
「管と官に」みたいな。
by こう (2010-06-28 06:58) 

南雲しのぶ

こうちゃん、コメントありがとう。
社会保障費を増やさざるを得ない社会にしてしまったということなのでしょうね。
無尽蔵に金が有ると勘違いしたとしか言い様がありません。
消費税を上げてその分個人の直接税を減らせば良いのに。
by 南雲しのぶ (2010-06-28 18:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ